新潟 上越 釣り

2016年07月29日

今日の直江津港第三防波堤で使える便利グッズ

前回の記事に続き、直江津港第三東防波堤について、もう一つの情報を。

ご存知の通り、駐車場が出来たとは言え、駐車場から受付、受付から釣り場と、
歩く距離があるのも事実。
さらにその途中には、階段が何箇所かあるので、
出来るだけ荷物を少なくしたほうがよろしいかと。

daisan.jpg

ですが、この暑い中、クーラーがなければ、
せっかく釣った新鮮な魚が傷んでしまいます。
ウキフカセのクロダイ師は、コマセがあるので、
それだけでも結構な荷物。

階段の脇には、キャリーカートを転がしながら上がれるスペースがありますが、
急なので、ちょい大変。

だったら、階段を上がっていくカートはいかがかしら。
px916m-1.jpg

詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4548992209750.html

こんな感じで、引っ張るだけで、腰巾着のごとく、
後ろからついてきて、階段を上ってくれる優れもの。
太軸軽量アルミ素材使用で、超軽。

px916m-9.gif

足場の悪い場所では背負子としても使用できるので、
悪路も心配なし。

第三防波堤だけではなく、旅行でも、活躍してくれる優れものです。

最初から背負っていくのなら背負子もおすすめです。
bb905-1.jpg
詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4582217189151.html

荷物の中で、クーラーが、一番重いわけで、
でも、この暑さなので、クーラーがないと、
魚が傷んでしまう。

軽い簡易クーラーを釣り場に持ち込み、
釣れた魚は、とりあえずこの中へ。
feature3.jpg
詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4979305083802.html

帰るときに、車の中においてある、
ちゃんとしたクーラーへインすれば、
鮮度は保てるというもの。


イスになるタイプもありますよん。
hexa2.jpg

詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4514083208841.html

それから、ライフジャケットは、必ず着用しなければならないのは、
ご存知のことと思います。

貸し出しもありますが、着るものなので、
自分用のものを準備したい方に、超お手ごろ価格のライフジャケットあり。
bf50063-6.jpg
詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/bf50063.html

1980円なので、6回以上入場されれば元は取れるかな。

また、暑くて、着るのはツラいって方には、
自動膨張タイプのものをオススメします。

ウエストタイプなら、涼しくて、動きやすい!
8,980円で、お手ごろ!

itoturi_4580320261498.jpg

詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4580320261498.html

万が一、海に落ちたら、水に反応して
膨らむ仕様です。
身軽に釣りを楽しみたい方に。




子供ちゃん用は、めっちゃカワイイのをご用意しております。
第3防波堤のホームページは、本当にレスポンスが早く、
釣れた写真が速攻掲載されます。
釣り人の写真も撮ってもらえるので、
写真栄えすること間違いなしです。
かわいさを引き立ててくれ、
命を守ってくれる一石二鳥のライフジャケットです。

pink.jpg

903320.jpg

903321.jpg

903327.jpg

http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/bbd2b6a1cd.html


直江津港第三防波堤に入るにあたり、
使える、便利グッズのご紹介でございました。

posted by いとつりゆーこ at 17:50| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

今日の直江津港第三東防波堤攻略法

さてさて。
直江津港第三東防波堤の開放がスタートして2週間。
お客様の話や、釣果から、ベールに包まれていた、
形状や、攻略法が、なんとな〜く見えてきました。
guide_map.png

直江津港第三防波堤のHP↓
http://happyfishing-n.jp/


とりあえず、この2週間で分かったこと、
言えること報告させていただきます。

ま、全般的に、ってことでざっくり攻略法なので、
「言った通りやったのに釣れなかったじゃん」
などどツッこまないように。

まず、知っておいていただきたいのは、
堤防の即下から数メートルは、
捨て石が入っていて根掛かりするってこと。
底をとるのなら、遠くに投げないと、
仕掛けを無駄にしてしまうので注意が必要です。

入って西側は、ウキフカセ、ダンゴ釣りなど、
クロダイを狙っている方が多いです。
外海に面した東側は、ルアー、遠投カゴ釣り。

でも、必ずしもそうではない場合もありますけど。


釣果としては、この時期なかなか釣れない
中アジから大アジが釣れています。
遊漁船では、釣れているサイズなので、
深さがあるところでは回遊していて、
船レベルの釣果が期待できるってこと。

攻略法はタナかな。深さは15mほどあり、
食ってくるタナは13m前後。
タナをしっかり合わせさえすれば、釣れるみたいですよ。

ただ、入れ食いになるのは、朝イチの場合が多いかな〜。
4時半に開門されてせいぜい8時頃まで。
日中も釣れるけど、ポツポツの場合が多いようです。
確かに、遊漁船のアジ五目は、夜釣りがメインだからね。

でも、クロダイ釣り師の方は、サビキの仕掛けの方より、
日中でもアジが釣れるんですよ。

まず、何が違うかと言うと、釣り方。
フカセ仕様なので、潮があるときは特に、
コマセと仕掛けが同調し、コマセの帯の中に
付けエサが常にある状態。
要するに魚が集まる状況を作っておいて、
そのコマセベールの中に付けエサがあるのです。

仕掛けがここにあっても、コマセが流れてしまえば、
そっちに魚が集まる状態ができてしまいます。
仕掛けの周りにはコマセの煙幕を確保するのなら、同調を意識するべし。
シビアなクロダイ仕様を使わなくても別の釣り方でも大丈夫。
一番楽なのは、天秤を使った形。
簡単に同調の状態を作ることができます。

そしてコマセの内容。
クロダイ師はオキアミに配合エサを混ぜています。
この配合エサというのは、めちゃめちゃ集魚力が高いのです。
ただでさえ集魚力のあるオキアミに、
さらに強力集魚効果のある配合エサを混ぜているのですから、
魚が寄らないわけがないのです。

話は脱線しますが、(すでに脱線しているが)
今年、関川の河口で、めちゃめちゃクロダイが釣れましたよね。
今も釣れていますが。
クロダイだけでなく、鯉もハンパなく釣れました。

船の沖メバル釣りは、昔からホタルイカをエサに使い、コマセをしません。
でも、オキアミコマセを使うと、
今まで以上に釣れるようになったという話を聞きます。
(邪道だという方もいらっしゃいますが)

そう、このように、どんな魚もオキアミが大好き。
さらに添加される配合エサで、
食わずにはいられない状況になってしまうのです。

配合エサってなんなの?と疑問に思う方も多いでしょう。
マルキューとダイワの配合エサについて、ご説明しましょう。

まず、マルキューの配合には(全部ではないが)
魚の好む内容のもの(例えばムギだったりカキ殻だったり)のほかに
MP酵母やウルトラバイト仕様のものが存在します。
MP酵母とは、うまみのもとである
アミノ酸の結合体「ペプタイド」と呼ばれるもので、
これにより、集魚力の効果が高まります。

そしてもう一つ、ウルトラバイトとは、
養殖の効率化を図るために作られた
誘引剤を魚釣りに応用したもので、
魚の体内から抽出した、魚類フェロモン。

養殖するにあたって、エサをしこたま食べてくれなければ
成長が遅くなるわけで、ロスも増える。
エサをじゃんじゃん食べてもらうために、
活性が上がるよう魚類フェロモンから作られた
ウルトラバイトを使って誘引を図っているのです。
これを釣りに応用し、魚の本能に直接働きかけることで、
魚を誘引し、摂餌行動を促進させます。
エサにスレないってのも、ウルトラバイトの特徴。

ダイワの配合エサの代名詞にもなっていると言っても過言ではない
アミノX。
その名の通り、やはりアミノ酸が使われています。
アミノ酸個々の状態、つまり分離した単体の成分だけでは
効果が十分に発揮されないのですが、
いくつもの有効なアミノ酸が配合されると、
誘引効果・摂餌促進効果がより一層高まります。

グルタミン酸、アスパラギン酸など
有効なアミノ酸を混ぜて作られているのがアミノX。
そしてこれを使うことによって、
深いタナにいた魚も浮かせてしまうことができるので、
手返しも早く、釣りやすい状況にすることもできるのでありんす。
ダイワの配合エサのHPに動画があるのでそれを見たほうが早いかな。
動画は↓
http://www.daiwaweb.com/jp/fishing/item/esa/iso_ea/aminoXgure_ento/index.html



ってな具合で、魚を寄せる力がハンパない、
ゆえに、対象としている上物だけでなく、
回遊魚や根魚、果ては淡水魚まで、
浮かせて寄せる力があるので、
クロ釣り師は、いろいろな魚がかかるのですな。

激しく遠回りしてしまいましたが、ここで言いたいことは、
日中でも、しっかりアジを釣ることを考えたら、
使える選択肢なのではないかな、ってことでございます。

店頭でおたずねいただければ、
エサを含め、同調仕様の小物をご案内させていただきます。
お気軽にどうぞ。


それから、びっくりするくらい釣れているキジハタ。
ワームでの情報がほとんどかと思います。

メーカーからは、キジハタに効くワームがたくさん出ています。
それをジグヘッドや、テキサスリグで狙います。
kijihata1.jpg

texas3.jpg

アクションの動画↓
https://www.youtube.com/watch?v=t50Wn89j6y4

前述したように、根掛かり前提での釣りになります。
もともと、根にいるおさかなさんなので、
根掛かりを怖がっていては釣れないのですよ。
ロスト覚悟でチャレンジしてみてください。

こんなに釣れるのだったら、ちょいと試してみようかな、
と興味を持たれている方も多いはず。

いとう釣具店では、ロッド、リール(ライン リーダー付)
ジグヘッド、ワーム、が一式揃ったセットをご用意いたしました。
5,980円とお買い得!
もちろん第三防波堤でなくても使えるのでご安心を。

itoturi_kijihataset.jpg
詳細は↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/kijihataset.html


また、小アジ、カタクチイワシなどのベイトが多いので、
泳がせで釣れるかもしれませんね。



クロダイ釣りは、深さがあるので、底をとる、
とか、這わせる釣り方は大変かもしれません。

混み合っていなければ、全誘導仕掛けが、
有効なポイントではないでしょうか。

っていうか、ここでは、ぜひ試していただきたいのです。
深さがあるからこそ、思う存分この釣り方を
堪能できるじゃあないですか。

クロダイだけでなく、マダイを視野に入れての釣り方。
楽しいと思いますよ。

ウキは、ツインタイプを選ぶと、楽かもしれませんね。


ダンゴの方は、真下に落とすと根掛かりするので、
めっちゃ投げるようです。
釣果は実証済み。


何年か前から、当店では遠投カゴ仕掛けをお取り扱いしております。
この釣り方は、静岡発祥で、静岡では一般的な釣り方です。

itoturi_pialek12.jpg


でも、上越での知名度は低く、もっぱらネットショップ商材の
立ち位置的商品です。

でも、この堤防なら、船レベルで、
マダイ、青物が確実に狙える圏内となります。

サビキの話の中で書かせていただいた、同調を、
100m以上先で展開できるのです。

kagotsuri.gif

釣れる確率は一気に上がるでしょうね。

ちょっと試してみたい、って方のために、
カゴ釣り入門セットを作りました。
itoturi_4941826110190.jpg
詳細は↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4941826110190.html


4号から5号の遠投磯竿をお持ちでしたら、
カゴやウキを揃えれば、即試すことができます。

種類がありますので、お気軽にお尋ねくださいませ。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/a5aba5b4c4.html

そろそろ終わりにしたいのですが、
その前にもう一つご提案。

ハッピーフィッシングの釣果写真の中で、
アカイカの写真がありました。

まさに旬のこの時期、
狙わない手はないのではないかと思いまして。

実際、能生では陸っぱりから
アカイカを狙う釣り師がいらっしゃいます。
本来ならば、夜釣りが、確実なのですが、
ここは7時で閉門となるので、明るい時間でしか
狙うことはできません。

絶対に、とは言えませんが、
回遊があり得るポイントだと思います。

エギでもいけると思いますが、
エサ巻スッテでのウキ釣りもよろしいかと。
エサは魚の切り身でも、鳥のささみでも
豚のバラ肉でもOK。

itoturi_4940764218418.jpg

そういやあ、昨日来られたお客様は、
イノシシの肉使うって言ってたな。

「贅沢〜!!」

って言ったら、イノシシのもも肉って、
硬くて食えたもんじゃあないんですと。


ウケるわ。イノシシのもも肉。



ではまた何か分かりましたらご報告させていただきまする。

いっぱい釣ってね!

posted by いとつりゆーこ at 16:40| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

今日のキープバッカン系

ご無沙汰しておりまふ。

前回の投稿から、はや1ヶ月経とうとしているわけですな。

その間、すべての、状況がコロコロ変わり、
もう、道しるべとなるものの見極めができない状態。

何を信じたらいいの??

と、空に向かって問いかけていることでしょう。

でも、ここへ来て、一筋の光が見えたよな釣果。

そのあたりは、うちのホームページ、
船宿さんのホームページで、
ご覧いただいているかと。

http://www.itoturi.com/chouka/isohatorealtime.html

でも、なんだかんだ言っても、やっぱり上越は魚影が濃かった!

クロダイが一人で複数枚とか、
船マダイが船中100匹とか、
陸っぱりアジがクーラーめいっぱいとか、
サイトフィッシングでキスが入れ喰いとか、

どれか一つはあったとしても、
同時進行で、この状況が続く土地って、
そうそうないんじゃないでしょうか。

一気にガーーーーーっと押し寄せるように。

そして、悪いけど、5月は何をしていたんだか、
ひっちゃかめっちゃか、
わけわかめ状態でいっちゃいました。


ただ、釣果更新職人の私としましては、結構がんばったつもり。
情報命!とばかりに、早め早めでアップしていたはず。

おかげで、画像加工から、文章作成まで、
めっちゃ早くなった。

まぁ文章って言ったって、誤字脱字まみれで、
思ったことを書きなぐっているだけなんだけどさ。

それでも、分かる範囲で、少しでも多く情報があれば、
目指す方向や、見極めの決め手になってくれるはずと信じて、
誤字脱字まみれの文章を書いているってわけさ。

分かっているなら誤字脱字を直せって話しであるが。

ま、大目にみておくれやす。

で、シマノのキープバッカンが、
やぁああああっと入荷です。

6.9.jpg

リミテッドプロの詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4969363443014.html
ネクサスの詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4969363443038.html

これ人気だから、切らしたらまたしばらく入荷しませんわよ。
って立ち位置のキープバッカン。


そしてキープバッカン繋がりで、バリバスの、
磯シリーズが9月発売ってことで、本日受注がありました。

ちょっとね、本気モードの仕様とデザイン

写真撮ったから、ご覧下さい。
varivas1.jpg

varivas2.jpg

varivas3.jpg

varivas4.jpg

varivas5.jpg

varivas7.jpg

かっこいいでしょ。
キープバッカンと小物類は、白と黒、
バッカンは、白と黒と赤のカラー展開。

ご予約は承りますが、受注の段階で、生産数を超えた場合、
それで終了となります。

ご了承下さいませ。

あとね、超強力なPEにシュが出るわ。

顔にかけると、顔がシュ、となるらしい。

いい加減にしなさい!
どうも失礼いたしましたぁーーー。


posted by いとつりゆーこ at 19:18| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

今日の中間トップ賞締切りについて(書き忘れ)

面白い写真がなかったので今日の弁当撮ってみました。
めっちゃケチャップ。
5.14-4.jpg

面白くもなんともないが、
「おまえ炭水化物食べすぎだろっ!」
・・と、みんながツッこみを入れているかと考え、
私がウケています。

「笑い事じゃねーだろ」

さらにツッこんでるんだろうな。
みんなの声は、しっかり届いています。

だったらダイエットしろよ、ってハナシであるが・・。

さて、本題。

久々に更新したブログでしたが、
クロダイダービーについて書き忘れあり。

5月15日(日)は、中間トップ賞の締め日。

5月15日時点で、トップの方を表彰させていただきます。
スポーツニッポン新聞社掲載、賞品もご用意となりますので、
意識してきばっておくれやす。
詳細は↓
http://www.itoturi.com/28suponichi.html



せっかくなので一応、営業しておこ。

ダービー繋がりから、磯関係のアパレルご紹介。

5.14-3.jpg

5.14-2.jpg

5.14-1.jpg

5.14-5.jpg

磯サンラインのウェア各種入っています。
Tシャツは出ちゃって、今、当店在庫薄いかな。

メーカーにはまだあるけど、お早めに。

キャップ関係の人気どころは、予約の時点で、完売していますんで。

商品カタログ及び価格は↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/2016c7afa5.html

よろしこ。

posted by いとつりゆーこ at 10:51| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

今日の今後の魚の動向予測と磯投げ取材

ゴールデンウィーク後のお勤めごくろうさまです。
そろそろ日常の流れに慣れてきたことと思います。

私もちょいお疲れモード。
でも、疲れのストレスは、食で緩和されるようで、
食べてりゃごきげんですから。


おかげさまで、さらに重量アップなり。

忙しすぎるとどんどん太っていく体質。

いと悲し・・・。


さて、

今現在発売中の、磯投げ情報には、当店の情報、
上越の情報が掲載されております。
ぜひご覧くださいまし。
遅いご連絡ですが。

61SwHAEVO+L.jpg

で、次回の堤防ウォッチングは、
5月15日に黒井周辺で行われます。
もしかしたら大物を釣っちゃって、
雑誌に掲載されることがあるやもしれぬ。
ヘアメークさん付けて出撃してください。

天気などで変更になる場合は、
海悠出版さんのHP(ブログ)内でお知らせするとのこと。

http://kai-yukai-yu.tumblr.com/

ご確認くださいませ。


一年で一番、なんだかんだあれもこれも釣れる季節到来です。

ところがなんざんしょ。

例年とはビミョーに、というか明らかに魚の動きが違う。。。
ゆえに、読めない。


もちろん、自然はいつも同じではないわけで、
当然といえば当然なんだけど、
あまりにも、正しい釣れ方からかけ離れているような気がするんですな。

大アジがね、ずいぶんと早い時期から釣れ始めて、
それが延々と続いていたでしょ。
それはそれで嬉しいことなんだけど、
これが、産卵だったの??
気まぐれだったの??

気まぐれだったとしたら、例年の産卵大アジ接岸祭りは、
しっかり来るのだろうか、といった不安もあり。

だって、関東からアジ狙いで上越入りするほど、
みんなそれを期待しているわけよ。

アジ狙いの人はもちろん、クロダイ師の方だって、
「アジの方が、かあちゃん喜ぶから」
って、おみやとして、大事に持っていかれるからね。
アジはみんな大好きだもん。


ちょい投げキスもめっちゃ早い。
GW前から大釣りって、そうそうないでしょ。
でも、釣れちゃってたんだよな。
黒井の砂浜で何十匹。


イナダは、ちょい早いけど、ほぼ正しく釣れている状況かな。


クロダイは早いような遅いようなバラけているような、
不思議な釣れ方。
ま、早いんだろうな。
通常、爆釣劇は、5月中旬頃でしょう。

ピンポイントで考えると、例えば土底浜。

土底で爆釣する時って、
夏のような、ちょっと暑くなってきた頃の午後っていうのが
私のイメージ。
だけどまだ、暑いって感じでもないし、
水温だって、不安定の中、あれだけ釣れているでしょう。

クロダイ師に聞くと、釣れているにもかかわらず、
結構シブくて、まだ、のっこみの喰い方ではないって話もあり。
性転換する魚として知られているけど、おなごが釣れるこの時期、
おのこが多い。とか。



沖の春マダイは、まったくさっぱりで、
連日船中100匹が夢と散った、3月。

そして、毎年、5月中旬以降に始まるのっこみが、
すでにスタート。
これもなんかちょいと違う。

直江津沖ののっこみがぼやけた状況の中、
名立で爆釣とか。

ガツガツ喰ってくるのがのっこみのイメージだけど、
皮一枚でバラしも多いとか。

ヒラメはヒラメで、早いスタートを切ったと思ったら、
今、一気にピークを迎えたような釣れっぷり。

これをなんざんしょと言わずして、何と言おうか。


日本語がヘン。

もとい。


ノープランで書き始めるから、
起承転結は書きながら出来上がるんだけど
書いていて思った。

急いだほうがいいわ。

なにもかも早めに終わるかもしれぬ。



雪代が少なく、水温が下がりきらないまま、上がり始め、
そこそこあったかくなった水温の状態がいつもより少し長く続いて、
それに、対応できるようになった結果、
シブいのに釣れる現象が起きているのではないか、とか。

センテンスながっ。
ダメな文章ですが許せ。

続き。

今年、沖縄で雪が降ったとき、
魚がたくさん死んじゃったニュースを覚えています?

寒くて魚が死ぬなんて、ここじゃあありえないけど、
暖かい場所でずっと過ごしてきた生き物にとっては、
水温の急激な変化は、生死にかかわる大きな問題。

突然の変化には対応できない小さな生き物も、
ちょっとずつちょっとずつ変化していくのなら、
慣れていくのではないでしょうかね。

今年の水温の変動に慣れたけれど、どこか違うから、
動きもどこか違う。

それが今年のこの状態。


・・・・ってのは私の仮説。

そんなこたぁ、魚に聞いたとて、

「オラ知らね」

っていうと思うけど。


魚が例年より10倍も20倍も数がいるんだったら別だけど、
同じなのだったら、マジで急いだほうがいいような気がする。
繰り返すけど。


ただ、アジだけはわからん。


以上。


posted by いとつりゆーこ at 16:49| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

今日の泉田知事定例記者会見 第三東防波堤開放について

3月30日の泉田知事の定例記者会見の中で、昨年、試験開放を行った、
第三東防波堤についての発表がありました。

今年7月から釣り場として本格開放。

中部電力上越火力発電所の先の第3東防波堤660mのうち、
先端460mの両側を7月中旬から11月末まで開放する予定。

開放時間は日の出から日没までで、利用料金は大人1人800円を予定。

↑上越タウンジャーナルより↓
https://www.joetsutj.com/articles/79566359

定例記者会見より
izumida.jpg


http://www.pr-niigata-pref.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&contentunit_id=345

取り急ぎご連絡いたします。



posted by いとつりゆーこ at 18:29| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

今日の観桜会とクロダイダービー

明日から高田公園の観桜会でございます。
今年の開花予想は、4月3日と、例年よりやや早い様子。
3.31-3.jpg

京都の円山公園、長崎の丸山公園と共に、
日本三大夜桜の一つと言われているほど有名でございます。

この、日本三大夜桜、京都の円山公園と長崎の丸山公園は、
最近、青森の弘前公園と、上野恩賜公園に代わったという説も。

高田公園の夜桜だけは、そのまま、引き続き日本三大夜桜に残るほど、
その美しさはお墨付き。

高田のお堀に映える夜桜はそりゃあキレイよ。

よろしかったらぜひお越しやす。


さて、皆様、ご承知のことと存じますが、
3月26日より、スポニチ賞クロダイダービーがスタートしております。

スポーツニッポン新聞社より、
昨日、トロフィーが届きました。
3.31-1.jpg

3.31-2.jpg


いつも、3月最終の土曜日よりスタートだったのですが、
26日ですと、微妙に早い感もあり、4月2日からにしようかと、
いとつりなりに悩みました。


でも、それまでさっぱりだった釣果が、
いい方向に変わったことと、
多数のお客様の意見から、26日スタートとさせていただきました。

そんなこんなのあわただしい状況にも関わらず、登録者数は、まもなく100名。
ありがとうございます。


大会内容は↓
http://www.itoturi.com/28suponichi.html

確認がまだの方は要チェック!ま、例年とほぼ一緒だけどね。


表彰は、1位から30位まで、その他、飛び賞、
中間トップ賞もあり。

優勝は、副賞として磯商品総額4万円相当の商品、
優勝、中間トップ賞は、写真付きでスポニチ掲載。

・・・ってな感じかな。

スタートして1週間経ちましたが、すでに、
選抜の5人の人数はクリアです。
この土日で、メンバーの入れ替わりがあるかどうかが
見どころのひとつかと。

主催者側の私が、まだ、高みの見物とはいかがなものか(笑)
すみませぬ。


このところの釣果をチェックいたしますと、
やはり、西の浅い場所は早いですな。

でも、黒井でも、出ていますし、
さらにさらに47cmの大型目撃情報もあることから、
ポイント選びは悩みそう。

雪代の影響を受けにくく、日差しで、水温が上がりやすい場所。


難しいよね。あったかくなれば、雪代が入り、ニゴリがあっても、
水温が下る。
でも、あったかい日差しがなければ水温は上がらないし。

雪国のクロダイ釣りは、頭を使いまくり。
がんばっておくれやす。


もう、おなじみになりましたが、
そんなみなさんをお手伝いするべく、
店先では、コマセ攪拌のフネとスコップを
使っていただいております。

現場での、こねこねが面倒な方は、
ご利用下さいませ。

あくまでもいとう釣具店主催の大会となりますので、
こねこねの原材料、オキアミコマセ、配合エサ等は、
当店購入が、大前提ですが(笑)

よろしくお願いいたします。



posted by いとつりゆーこ at 14:49| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする