新潟 上越 釣り

2016年11月23日

今日の人間ダメにするヒーターウェア

いきなりの冬型で、ニュースでは関東地方が雪ってハナシ。
この間まであんなにあったかかったのにね。

北海道の雪景色をテレビで見て、
あらためて11月後半なんだよな、と、
ようやく理解している通年あったかい脳みそ。

あったかい脳みそで、体もあったかくなれば、
これほど効率のいい話はないのであるが、
そうはいかないらしい。

たしかに大事に大事に脂肪を抱えているので、
繊細な女性の代名詞であろう『冷え性』などというものは皆無。
それでも、冬になれば、デブはデブなりに寒さは感じるものである。

だからといって、石ちゃんみたいに、真冬にタンクトップとオーバーオール、
というところまで極められないのが残念だ。


そう。脳みその熱を体の隅々まで行き渡らせるのがこれからの課題。
自力でがんばってみるから。

そのうち、人間オンドルと呼ばせてみせます。

人間オンドルをこれっぽっちも目指していないうちの母親は、
(大体みんな目指していないが)
何の迷いもなく、ヒーターベストに頼り切った生活を送っている。

寝る時と、お風呂に入る以外、ずっと着てる。
台所に立つ母の写真。詳細は母クリック!

11.2-1.jpg

http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/a551dba22ca.html

人間それでいいのか、と言いながら試しに着てみたら、
すごくよかった(笑)


店頭のお客様が考えたキャッチフレーズ、
『人間ダメにするヒーターウェア』とは、
よく考えたものだ。

いとう釣具店から流行語大賞を贈りたいほど。


でも、うちの母親を見ていると、ダメになるどころか
あったかいおかげで、冬なのにめちゃめちゃフットワークが軽い。

寒いと外に出る気がなくなるものだが、
寒くないので、冬なのにどこにでも出かけていく。

こんな効果もあったのね。


ヒーターベストのユーザーとは、
外仕事の方や、じっとしている釣り人、バイク乗りの方、
冬のゴルファー、アウトドアの方と勝手に考えていた。

でも、常に暖房から離れて動いている主婦にこそ、
必要なのではないかと、母親を見て感じている今日この頃。

奥様やお母様用のプレゼントにしたら喜ばれるかもね。


もちろん、人間ダメになってみたい人大歓迎。

買って後悔する商品って山ほどあるが、
これは絶対に後悔しないと言い切れる。

ヒーター系っていうと、
ダサさ爆発!的なイメージが強くて、
年取ってから着るやつでしょ、って思っていません?

いえいえ。

多分、ヒーター系の中で、一番スタイリッシュだと思う。

伊達の薄着って、みんな頭のどこかで当たり前だと思っているはず。
おしゃれとは、寒さなど我慢するのが当然であり、
着膨れは格好悪いものだと、刷り込まれている。
そしておしゃれ番長もそう言うだろう。

でも、本当は寒くないほうがいいに決まっている。

ヒーターベストは、デザインがいいから、このままアウターとして着ても、
まったく問題なく、薄着に見せかけたコーディネートをすることができるのだよ。

scw6119repd2.jpg

scw6119repd1.jpg

scw6119g1.jpg

scw6119g2.jpg

scw6119bk1.jpg

scw6119bk2.jpg

これこそ真のおしゃれ番長。

おしゃれ番長気取りの伊達男をせせら笑っておやり。

ほーっほっほっ!!

・・・誰・・・。

ヒーターウェアの詳細は↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/a551dba22ca.html


posted by いとつりゆーこ at 18:55| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする