新潟 上越 釣り

2009年03月12日

今日の最強電動丸ビーストマスター4000

よろしくです♪

ぽちっとしてね


しかし鳩山邦夫。

このおっさんが出てくるたびに、ヒヤヒヤする。

「またおかしなこと言いだすんじゃねーだろうな」ってさ。



例の失言で叩かれたのにも関わらず、
そのあとも、懲りずに、危ない演説をかまし続ける邦夫。

誰か、暴走する邦夫を止めてくれ。


昨日もテレビを見ていたら、

「トキを焼き鳥にして云々・・・」とやり始めて、
食事の手が止まってしまった。


ギリギリ。


邦夫は、例え話が好きである。

分かりやすく人に伝えるのには、例え話は有効だ。
だが、邦夫は、その例えの選択を間違える。

いや、間違えるというか、邦夫の中では、それがユーモアだと
大きな勘違いをしているのだ。
その勘違いが、果てしなくブラックだから始末に負えない。

テレビの前の人間が引いていることにも気付かず、
仲間うちだけでウケている(ウケているふりをしているんだろうけど)
黒い言葉を、これからも吐き続けると思われる。

好感度など、あるはずもないが、救世主は一人いる。


ダウンタウンの浜ちゃんだ。


成功例としては、中尾彬。

浜ちゃんは番組の中で、中尾彬のことを『あきら』と呼び捨てにし、
容赦なくツッこむ。

芸能界の大先輩に対して、ありえない言動であるにもかかわらず、
後輩のツッこみに、面白くなさそうな表情をしつつ、黙りこむ。

中尾彬が、【ちょっとお茶目な中尾彬】を演じることによって、
強面で、とっつきにくそうなイメージを払拭し、
【本当は面白くてかわいい中尾彬】を、植えつけた成功例だ。


中尾彬の上手さはさることながら、浜ちゃんなくしては、
この場面は成り立たない。
中尾彬のバラエティひっぱりだこの背景には、
浜ちゃんの存在が大きく影響しているといえる。


だから、邦夫がもし、好感度を上げたいと、心から願うのであれば、
浜ちゃんを横に配置するべきであろう。

そして、おかしなことを言い出した時には、
思いっきりツッこんでもらうのだ。

ただ一つ、中尾彬は、受け手を裏切ることなく、
期待通りに動いてくれるが、邦夫にそれが出来るかどうか。

浜ちゃんは救世主になると思うが、邦夫の努力がなければ、
【邦夫好感度アッププロジェクト】は成立しないのである。


それが出来ないのであれば、頼むから黙っていてくれ。

・・・鳩山邦夫をこんなにも熱く語ってどうする。。。


さて、気分を変えて、シマノ電動丸4000ビーストマスターにいってみよう。

電動丸4000Hの時代が長かっただけに、
そろそろくるだろうなぁ、と思い続けていたところ、
ビーストマスターの形で登場した。

シマノ電動丸4000ビーストマスター

電動巻上速度180m/分を維持しながらも実用巻上持久力11kg達成と、
未踏のスピードとパワーの両立を実現した、
電動丸至上最強の名に恥じない強靭っぷりには脱帽。

さらに、ドライブギアは電動丸4000HPに比較して歯幅を2.0mmアップ。
トローリングリール並みのハンドル採用とあいまって、
電動巻上げ時だけでなく手巻き時の剛力ぶりも
クラス最強の一品なのである。

すでに、3000番のビーストマスターで、その実力を把握しているので、
【安心感】のおまけ付だ。

中深場の釣り・秋からのワラサには、最強の力で、
思った以上に活躍してくれると思われる、要チェック商品である。


荷物の持ち運びには、がまかつタックルバッカンがGOOD。

がまかつタックルバッカン

濡らしたくない道具類を全てまとめて収納でき、
船のエサ釣りやジギングのタックルボックスまで、
幅広い道具類の収納に最適なタックルバッカン。

お値段も、手ごろな、嬉しい商品。




前回記事のコメントにて、ビギナギナさんより、
エギに紫外線加工液はどう?
と、ご質問をいただいたのだが、
この液は、やはりエサ向きの商品なのだとか。

エギやルアーに効く商品は、まもなく入荷の予定なので、
もう少しお待ちくださいねん。
入ったら、ご紹介させていただきやす。

回答が遅くなってしまい、ごめんなさいでした。
posted by いとつりゆーこ at 03:17| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | リール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鳩山邦夫をこんなにも熱く語る女史に初めて遭遇いたしました(^_^;)
浜ちゃんでなくハマコーが横にいたらと思うとw(゚o゚)w
エギに効かなくて残念におもいますが 笑えました。
Posted by ビギナギナ at 2009年03月12日 21:13
ビギナギナさま
ハマコーにスリッパで叩かれる邦夫だったら見てみたい(笑)
この場合、ハマコーの好感度がアップするだろうけど。
例の、エギ・ルアーに効く、紫外線コーティング剤が、
本日入荷してまいりやした。
実績ありありだそうですよ〜!!
Posted by いとつりゆーこ at 2009年03月13日 15:41
紫外線発光とグロー発光では魚からの見え方違うんですかね(^_^;)
アジ釣りシーズンには餌発光必ず買います。
ゆうこさんは店番するんですか?
Posted by ビギナギナ at 2009年03月14日 20:07
ビギナギナさま
通常のグローカラーはUVライトなどを当てて
光を蓄えないと発光しません。
紫外線加工タイプのものは、紫外線があれば、
ほのかに反応して柔らかに光るらしいです。
人間には、ほとんど変化がないようですが、
魚には見えるのだとか。
ま、それで釣れる釣れないは別問題かな。
・・・と言ってしまえば話が終わってしまいますが、
低活性時用に、もしかしたらもしかするかもしれないし・・・。
店番していますよ〜。店の番長って話もある。

Posted by いとつりゆーこ at 2009年03月15日 18:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック