新潟 上越 釣り

2006年02月04日

今日の2006年カタログ

ブログランキングにはびっくらこいただ。

『凄腕釣り師・凄腕ルアーマン』ブロガーの方ばかりだったので、
「30位以内に入れればいいなぁ〜」
と考えていたのだが、さっき見たらベスト10に入る勢いじゃあないのさ。

ご投票ありがとうございます。感謝です!

(* ̄◎ ̄*)ぶっっちゅうううん♪

・・・ほんの気持ち。

いらないっすか。そうですか。。。



さて、この時期になると新製品が気になるところ。

総合メーカーでは、

がまかつ カタログ ダイワ精工 カタログ

『ダイワ』『がまかつ』のカタログが入荷したが、『シマノ』はまだ。
先ほど運送屋さんから連絡が入り、雪のため月曜日以降の配達になるとのことだった。

この場所を借りて新製品の紹介でも、と思ったが全部は難しいし、
あっちを立てればこっちが立たず的な問題が起こりそうなので、
各メーカーHPの新製品ページを参照にしていただけたらありがたい。

ダイワ
http://www.daiwaseiko.co.jp/fishing/newp/index.html

がまかつ
http://www.gamakatsu.co.jp/newitem/index.html

・・・・などともっともらしい事を言っているが、
単に面倒くさがっているのは、ミエミエなのである。

それでも気になる製品が無い訳ではない。

がまかつ『がま磯 チヌスペシャル マスターモデル』

がまかつ がま磯チヌスペシャルマスターモデル

【ただ柔らかいだけでなく、ゴムのような弾力で、力をバットにつなげます。
そして新たにグレ竿の要素を取り入れ、しっかりと作り上げたバット部により、
持ち重りを軽減し、操作性を向上させました。そして何より粘り腰が飛躍的にアップ。
50cmクラスなら難なく引き寄せ、55cmオーバーでも十分戦える力を秘めています】

カタログではこのような説明文。




ダイワは、リアルフォーを搭載した『トーナメントISO Z LB/LBD』

ダイワ トーナメント ダイワ トーナメント

【大物を獲るための逆転時のフリー性能を高め、
ブレを極限まで抑えた『ワンウェイオシレーション』を新たに採用。
また、卓越した手返しが体験できるスーパーハイギヤなど磯フカセ専用機として
さらなる専用性を高めました。
フルモデルチェンジされたLBリールのフラッグシップモデル。】

『シーボーグ500メガツイン』

ダイワ シーボーグメガツイン

【このシリーズにおける他のの新機能としては、
いままでは目安であった巻上げ速度が分速でカウンターに表示され、
船縁停止までの残り時間もタイマー表示される。
今までは、感覚に頼らざるを得なかったスピードと時間を
より正確かつ具体的に知ることができるようになった。 】


コピペであるが、まだ見て触っていないので、なんとも言えないのが難しいところ。
このあたりはご了承願いたい。

しかしさぁ、次から次へと新製品が出てきて、
把握するのが大変。

フィッシングショーに行く前に、少しでもチェックして頭に叩き込んでおかなければと、
一応はがんばってみる。
がんばってはいるものの、新たな知識が入れば入った分だけ、
古い知識がトコロテン式に、耳から流れ出ていく感覚だ。



脳みその容量が少ない上に、質が悪いから、
覚えきれないっつーの。

あ〜、バカはいやだ。

副委員長の言葉がいつまでも頭の中に残っているよ。

「アタシはものすごく勉強したもん。アンタはしなかったからそうなのっ!」


たしかに。。。


パソコンのように、脳みその容量が増設出来るのであれば、
『人間釣具カタログ』と呼んでもらえるのになぁ。。。。


でも嬉しいか。

『人間釣具カタログ』・・・。

・・・勉強しなくてよかったかも。。。


よろしくお願いいたします。
ブログランキング
人気blogランキングへ
ブログランキング

posted by いとつりゆーこ at 18:33| 新潟 ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。