新潟 上越 釣り

2006年08月19日

今日のヌーベルバーグZ265

はろ。暑いでんな。
これだけ暑ければ、体の脂肪が溶けて流れ出てもいいようなもんだが、
生肉のようにはいかないんだな。
・・・・と相変わらず他力本願痩身願望が強い今日この頃だ。

さて、今回ご説明するのは、
『ヌーベルバーグZ265』。

・・・・と書いても、何のことだかさっぱり分からない。
実は新しいハンバーグの事である。
・・・ウソだけど。

いとう釣具店オリジナルの、
『マダイ用ブランク』最新作の名前だ。
この名前は、私の故郷の言葉、フランス語からとってみた。。。。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

『新しい波』というような意味があるのだが、
どうしてこの名前にしたかは、勝手に想像していただきたい。


また、覚えにくい方は、
「新しいハンバーグのブランク見せてちょ」
と言っていただければOK。
分かるから。

特徴は、先は軟らかく入り込むにもかかわらず、
胴には張りを持たせ、しっかり浮かせるパワーあり。

大物とのやり取りを、余裕で楽しむ事が出来、
なおかつ、とり込みに不安を感じることなく、
寄せることができるはずだ。

・・・・と書くと、ロッドの説明ってみんなそう、
って思うでしょう。

ヌーベルバーグのブランクを使い、仕上げたロッドの調子をご覧いただきたい。

80号オモリを乗せた状態。

80号

300号でテンションをかけた状態。

テンション

ねっ!よいでしょう。

実釣もちゃ〜んとして、とってもべりーぐっどの結果でござんした。

ガイド

ガイド

トップ

リールシート

カラーは白×ピンクで、かわゆく仕上げてみたが、
お好みで、シブくしてもよし、成金カラーにしてもよし、
カラフルポップにしてもよし。

スレッドに、総巻き・ガイド巻き両方用の
サオヒロの撚り糸「スーパースレッド」を使えば、
様々なバリエーションを考えることが出来るはずだ。

サオヒロスレッド

ブランクには、ガイド位置寸法図と、各ガイド種類に応じた、
オススメガイドサイズ表が付いているので、
安心して製作できるのが嬉しい。

製作した、見本のロッドは、店頭に飾ってあるので、
見に来てねん♪



それから、も一個。

このところ、クロダイが、貝での実績が高いのはご存知のことだろう。
そこで、『シジミ仕掛』

しじみ仕掛

本物の『しじみ』を使った斬新な仕掛けで、
ヘチ釣りに落とし込みに穴釣りにブラクリとしてもバッチリ! 
勿論、天然物ならではのナチュラルな形と色で
魚に警戒心をあたえることはなく、むしろ興味を示すのだとか。

クロダイ(チヌ)・カサゴ・アイナメ・ソイ等に効果的で、
メーカーの試釣ではクロダイがバンバン釣れたのだそう。

使い終わったら、ケータイストラップにいかが?。。。。

も一個。

イガイのルアー。

ミューシェル

もちろんクロダイ狙いで使っていただきたい。
「落ちてくるもの」に非常に興味を示す「チヌ」。

その性質を応用したのが「落とし込み」。

さらに応用したのがこの「ミューシェル」だ。
一応ルアーだがその質感や色合いはまさしく「エサ」。
天然のカラスガイを使用してっからね。
ルアーの使い方でかまわないが、エサを付けてもよろしくてよ。

使い終わったら、ケータイストラップに。

これもかよ。




よろしくお願いいたします。
ブログランキング
人気blogランキングへ
ブログランキング
posted by いとつりゆーこ at 11:30| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロッドメイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。