新潟 上越 釣り

2008年03月27日

今日のシャウト弾丸ジグ

ウィキペディアを引用した教科書が初登場するとな。

ヤフーのネットニュースに載っていた。

『文部科学省は25日、07年度の教科書検定結果を公表した。
インターネット上の百科事典「ウィキペディア」から図を転載した
高校生向け英語(リーディング)の教科書について
「国境線が不正確」と検定意見をつけたが、図の使用自体は認めた。
ウィキペディアはネット上で誰でも内容を編集でき、正確性は保証されていない。
「安易な引用」との指摘もあり、文科省の判断が議論を呼びそうだ。』 

ふ〜ん。

だれもが編集に参加できるウィキペディアは最新情報が豊富な半面、
正確性については「一切保証できない」とされている。

とも書いてあった。


たしかにねぇ。



私が学生だったら、ウィキ使いまくりで、
内容を切り貼りコピペで提出するだろうな。


おべんきょ関係には、どうかと思う部分は無きにしも非ずだけど、
仕事にはとっても便利なサイトだと思う。


『もうちょっとおせーて』

と思うこともあるけど、ウィキのおかげで作業の時間短縮ができるから
とてもありがたいサイトなのだ。
実際、ものすごいアクセス数があるらしい。

グーグルもネット百科に参入するらしいけど、
世の中には、ウィキとグーグルの切り貼り資料だらけになるんじゃないか。




ウィキは便利だが、ウィキのパクリである、
『アンサイクロペディア』はアホで大好きだ。

ウィキでアンサイクロペディアを検索すると、
実に客観的に解説している。
【ウィキペディアのパロディ】という言葉が連呼されてあたりは、
唯一の反逆なのかとも推測できるが。

アンサイクロペディアでウィキペディアを調べると、
もう、ボロクソだ。

『正確性、中立性、ユーモア、ジョーク、だじゃれ、といった要素が全く無く、読んでもまるで役に立たない記事で埋め尽くされている』

とまで言っている。


例えば、【織田信長】をウィキで検索してみたとする。
こんな結果↓

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%B9%94%E7%94%B0%E4%BF%A1%E9%95%B7&oldid=18818948

アンサイクロペディアだとこうなる。

http://ja.uncyclopedia.info/index.php?title=%E7%B9%94%E7%94%B0%E4%BF%A1%E9%95%B7&oldid=323111


【パソコン】を調べると

ウィキだとこう。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF&oldid=18402048

アンサイクロペディアだとこんな調子。

http://ja.uncyclopedia.info/index.php?title=%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3&oldid=298764




比べる対象じゃあないか。

でも、お暇な時はアンサイクロペディアで、十分楽しめます。

ま、私のネットライフのことなんてどうでもいい話なんだけどさ。





さてと、

サワラが連日鬼のように釣れている。

この時期になると、毎年やってきて、鬼釣りさせてくれるのだ。

まったく律儀な魚である。
硬いルアーに喰い付いた挙句、釣られるわけで、
気の毒以外のなにものでもない。

せめて、釣り上げられる瞬間くらいは、
本物のイワシやアジを食べさせてあげたいと思う気持ちもある。
だが、ジグに反応するサワラもサワラなのでどっちもどっちなのだ。


28〜40gほどのジグを投げれば比較的簡単に釣ることができるとあって、
ポイントは大勢のジガーで賑わっている。

堤防から釣るサワラは、少し磯臭いが、
処理を早めに行えば、多少なりともニオイは取れる。

ニオイが気になるのなら、刺身ではなく、
味噌漬け、麹漬けにすると、ご飯のお供として
おいしく食べることができる。

食べきれないほどたくさん釣れても、保存がきくので、
無駄にすることもない。

心配なら、味噌や麹に漬けたまま、
ジップロックにでも入れて冷凍庫に入れておけば、
さらに長い間保存が出来る。

釣った魚はちゃんと食べてあげないとね。


ジグであるが、先述したように28〜40gのものでよい。
歯が鋭い魚なので、メタルジグ塗装剥げ状態になるのも、
時間の問題であり、その前にリーダーが切られて、
ロストすることも多い。

だから、300円台の激安ルアーの動きが早いのであるが、

「オレは、ちょっと違うんだぜ」的な人になりたいのであれば、
それなりのジグで、それなりのサワラを狙うことも出来る。

それなりのサワラってなんだ??



例えば、シャウトの弾丸ジグ。

シャウト シャウト

独特のテールウエイトバランスと形状により
キャスティング時の空気抵抗を抑え、
安定した飛行姿勢で、抜群の飛距離を生み出すという。


値段の違いは何かというと、やはり動きである。

ノーブランドのジグでも十分釣れるのであるが、
投げたとき、引いたとき、思うように動いてくれた方が気持ちがいいし、
それがジギングの醍醐味でもあるはずだ。

自分の思った通りの動きに、魚がヒットしたとすれば、
快感以外のなにものでもない。


ジギングハイ(そんな言葉ないけど)を一度経験してみそ。



お知らせ。

スポニチ釣りMAXのケータイサイトでは、
お得な情報や、当店のクーポン券などあり。
パソコンでは観ることができまへん。
あくまでもケータイのみ。

覗いておくれやす。

http://stmax.jp/stmax/servlet/site/index.html

スポニチ



今日は、もう帰りたい。
たいした仕事していないけど・・・。


昼にペペロンチーノ食べたせいで、
鬼のようにニンニクくさいので、出来れば接客はしたくない。

さらに、
ダウンタウンの
「絶対に笑ってはいけないハイスクール」を
借りているから早く観たいのである。


だから早く帰りたいなぁ・・・・。


まだ3時だけど・・・。


よろしくお願いいたします。
ブログランキング
人気blogランキングへ
ブログランキング
posted by いとつりゆーこ at 15:37| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メタルジグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。