新潟 上越 釣り

2008年04月06日

今日の炎月投式そしてグダグダ

クロダイダービーの受付を先週末から開始した。



選抜大会については、店頭にてご案内のリーフレットをご用意したので、
詳細をご希望の方は、登録の際にお申し付け下さいませ。




クロダイの情報が、少しずつ聞かれるようになったこともあって、
登録がてら、今春の様子見に、という方も少なくはない。


昨日、クロダイの情報は少なかったが、
バラし情報も含め、浅いポイントも、深いポイントも、
少しずつ、シーズンの海に向かっている様子がうかがえる。

日毎に全開ノッコミに向かっているのは間違いなく、
いつ、どこで釣れても、

「たまたまいただけだよ」

などと、もう友達に言われることもない。


昨日の海の様子。


サワラは、引き続き好調。

港内や、黒井の堤防での魚別釣り人の割合は、
圧倒的にジギングの方が大半を占めている。


黒井方面にクロダイ釣りに行かれた方から聞いた話だが、
コマセを撒くと、大型サヨリが大量に寄ってきたそうだ。

また、沖には、イルカの群れが来ていたらしい。



イルカの大きな群れに追われて入って来たサワラ、
サワラに追われ、入って来たサヨリ。

あくまでも私の想像だから、本当のことは分かんないんだけどさ。
魚


あと、姫川のホタルイカも爆沸きだったらしい。
三回すくったら、クーラーいっぱいになって、獲るのやめちゃった、
って話を聞いた。


何かと色々。



春でんな〜。




さて、新製品『炎月投式』入荷。
炎月

マダイやアオモノ、ヒラメやマゴチなど、
多彩な海のターゲットを磯や堤防から獲るための専用カブラ。

オフショアの炎月は、ヘッド自体に大きな集魚力はなく、
ヘッドによってラバーのヒラヒラアクションを起こすものであった。

でも、炎月投式のヘッドは、スローな巻きでもフラッシング効果を発して、
強烈に誘う仕様となっている。

だから小魚に付いたターゲットも、ゴカイやエビに付いたターゲットも、
これ一本でOK。
集魚力に反して、全体のシルエットはコンパクトなので、
小型魚の喰いつきも抜群。

フックは、吸い込みのいい軽量細軸ながら、フトコロ強度に優れ、
針先が触れただけでも刺さる、
『アタイに触ると血をみるよ』仕様となっている。


8フィート前後のスピニングタックルで、
リールは2500〜3000番クラスにPEが0.8号前後。
リーダーは3〜4号といったところ。
シーバスロッドやエギングロッドで全然OKだす。


一個持っていれば、何かとアナタのお役に立ってくれるはず。

今までになかったこの形。
人と差をつけるには、炎月投式でございます。






鼻の頭から血が!!!



と思ったら、ケチャップだった。

夕飯まで待てないので、さっきアメリカンドッグ食べたんだった。。。。

全然満たされない、我が胃袋。

もう一本買ってこようか思案中でありんす。




仕事の合間に少しずつ書いたため、グダグダな本日。


・・・いつもグダグダか。


よろしくお願いいたします。
ブログランキング
人気blogランキングへ
ブログランキング



posted by いとつりゆーこ at 17:48| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。