新潟 上越 釣り

2016年10月28日

今日の夜エギングとダービー中間トップ賞

先日、里輝丸さんの夜エギングで胴10〜25cmが、 
一人8〜46ハイという、びっくりぽん(古い)
の釣果が出ました。

10.28-7.jpg

10.28-6.jpg

10.28-5.jpg

10.28-4.jpg

今年は、陸っぱりの釣果も、比較的好調で、
エギンガーは、心踊らされる釣りライフを
お過ごしだったことと思います。

よかったね!
みんながイキイキしていて、釣具屋も嬉しかったです!
ありがとー!!

さすがに、海が荒れがちになるこの時期は、
シブい日も多くなり、陸からはキビシイ状況になりがちになるのは、
毎年のこと。
穏やかな日が続けば違うのかもしれませんが、
ド演歌が聞こえてくるような、
怒涛逆巻く日本海状態では、イカさまも
穏やかな場所へ移動必須となるわけでございますな。

そこで船。

今年は、ワラサの電気釣りも好調で、
天気が良ければ、ほぼ毎日出船しています。

コマセはもちろんしますが、電気釣り、というように、
電気で寄せる釣りなので、ワラサ以外の
海洋生物もお越しになります。

今年は、シイラが多く、船の周りをぐるぐる回っていたり、
イナダやワラサ追いかけ、サメが来たり、
サワラもよく聞きますね。

そしてそんな中で、アオリもお出ましになるのです。

日中の船エギングは、ティップランと言って、
40g前後の重いエギを落として、
底から、アオリを引きずり出すイメージですが、
夜は灯りがあるので、少し違う感覚になります。

もちろん、ティップランエギングでも釣れるのですが、
どうやら、灯りをうまく利用したほうが、
釣果は確実に上がるようです。

イカさまは灯りに群れて、船上から目視で確認できます。
だからと言って、サイトフィッシングに徹しても、
なかなか乗ってはくれないのです。

さて、竿頭の46ハイだった方はどのように釣ったか。


まず、3〜3.5号のエギが乗る陸っぱりのタックルでOK。

軽すぎるのならシンカーなどで調整してもいいですが、
早く落としすぎると乗りません。
水面からは見えない、水深10m(この日は)程度まで
ゆっくり落とすだけ。
落ちていくときに乗りますので、ゆっくり落とし
イカさまによーくアピールしてください。

じゃかじゃかアクションは、必要ないかな。




で、ご提案のエギ。

もちろんティップランもご用意したほうがよいですが、
3.5号で20g前後、夜なので夜光タイプや、
灯りに反射しやすいフラッシングタイプなどいかがでしょうか。

10.28-2.jpg

10.28-1.jpg

仮面をかぶせたり、アゴリグ使ったり。

10.28-3.jpg

短期集中の釣りものとなりますので、

いつやるの、

今でしょ!

くらいのフットワークでよろしくです。

興味のある方はぜひ!


続きまして、クロダイダービー速報!

ご存知のことと思いますが、お伝えしておきますね。

ダービー終了はまだまだ先ですが、
今月30日は、中間トップ賞が確定する日です!

火事場の馬鹿力的な状況は、山ほど見てきました。
ほんとにすごいんだから。
1日でひっくり返っちゃうの。

今回もひっくり返る可能性はもちろんあります。

昨日、一昨日は、程よく荒れましたので、
磯釣りには、いい状況なのではないかと。
中潮からの大潮ってのも見逃せない潮周り。

各戦士の健闘を祈らせていただきます。

がんばりや〜!!



posted by いとつりゆーこ at 14:12| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

今日のプラスαで釣果が変わる、かも

釣りモノには、それぞれの魚の生態に合わせた、
理に適った釣り方があります。

誰が、いつ、その釣り方を考え出したのか解らないけど、
きっと先人たちは、試行錯誤しながら、考え、試し、
今のベースが、少しずつ出来上がったんでしょうね。

今は、その釣り方に則り、さらに細分化され、
科学の力を借りつつ、微調整を繰り返している、
ってイメージかな。

・・・真面目か!

何が始まるのかと思っていらっしゃるかと思いますが、
今日は、自分で出来る、もしかしたら釣果に繋がっているのではないか、
っつー商品のご紹介。

『もしかしたら釣果に繋がっているのではないか』
ってのがミソだね。

この逃げ方がうまいなぁ〜!我ながら。


だってさ「釣れるんだよ!」

って言うと、ダメだったときにツッコまれるでしょう。

逃げ道を作っておかないとね(笑)

釣れるとは言っていないよねー、私。って。


前置き長いな。



まず、

すでにお使いで、ご存じの方も多いと思うのですが、
スクイッドラバーは、ブリに効く、らしい。
squidrubber.jpg
詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4580269442361.html


昨年、お客様からのご注文で、お取り寄せしたところ、
喰いが明らかに周りと違たとのご報告。

魚やイカゴロのフォーミュラーを練りこんであるのと、
素材とカラーのなせる業。

・・・多分。

今年も、別のお客様におすすめしたところ、
やはり同じ状況で、自分だけ釣れて驚いたと。
今では、そのお客様のベーシックアイテムになっています。

もしかしたら釣果に繋がるかもしれないので(笑)
試しに使うのもよろしいかと。

使っているうちに効果は薄れるので、
釣行の度に、袋から出して使ったほうがよいです。

あ、そうそう、タラちゃんもイケます。


それから、先日、フェイスブックでお伝えしたオキエビ。
オキアミエキスの入った、白いエビなのですが、
先日、使った方にお話しを伺いました。
okiebi.jpg
詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/okiebi.html

まず、その日は微妙にシブい日で、船中12匹だったのですが、
その中の9匹は、その方の釣果だったとのこと。

そのお客様は、マダイ歴も長いので、
もちろん腕もあるでしょう。
潮の動きや、釣り座も関係するかもしれません。
オキエビが釣果に繋がったかどうかは解りませんが(笑)
その方の圧勝は、まぎれもない事実だったというお話。

エサ自体が固いので、鈎持ちもよく、エビの微妙なカーブが、
鈎にちょうどよく、刺しやすかったそうです。

メジナに効くらしいのは『つけダレ船隊釣れるんジャー』の、
イエロー。
5ranger6.gif
詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/5ranger.html

各釣りものによって、効くカラーが違うようなのですが、
メジナに使うオキアミの場合、イエローがよかったとのこと。
たまたま営業さんが来ていた時に、太平洋側の釣具屋さんから電話が入り、
イエローでの釣果が続いたとの新鮮情報をいただきました。

オキアミの場合、約6時間漬け込んで下さいまし。


それから、これは直接、仕掛けとかではないのですが、
あると誠に便利なモノ。


サングラスなど、度のないメガネに貼る老眼鏡、ハイドロタック。
hidrotac10.jpg
詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/hydrotac.html

帽子や、メガネに引っ掛ける老眼鏡は、
爆発的ではないですが、静かな人気がある商品です。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/capsenior.html

特に釣りのシーンでは、エサを付けたり、糸を結んだりと、
現場での細かい作業が多いので、簡単老眼鏡は需要があります。

そしてそして、
さらに軽く、見た目に解り難い商品が発売されました。

サングラスの内側に水で張り付けるだけの老眼鏡。

遠近両用は、あれば非常に便利ですが、
作るとそこそこのお値段になっちゃいます。

そう考えると、めちゃめちゃお安い商品でございます。

商品ページに動画がありますので、
使い勝手の良さをご覧くださいませ。


最後にライト。日も短くなってきたので、使い勝手のよいお安いライトは、
私おすすめでございますわ。
これも、詳細ページに動画があります。
chochin5.jpg
詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4535090138969.html

いいリールや竿があっても、釣れないことには、その良さを発揮することはできまへん。
格安で釣果を伸ばすことができるかもしれないのなら、
試してみる価値はあるかな〜、って思います。

いかがかしら?

おしまい。

posted by いとつりゆーこ at 10:01| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

今日のインタビュー

あんなに暑くて暑くて死にそうだったのに、
急に涼しくなった上越市。

雨は降りましたが、海はとっても静かで、
穏やかな本日でございました。

シルバーウィークだと言うのに、雨は悲しい!!

でもね、今日のように、
黙っていれば鏡のようになってしまう状況の場合、
雨は歓迎できるものだったりするのも事実。

クロダイなどのような上物は、びびりぃ。
すっけすけのべったべたの状態だと、
海の中から皆さんが丸見え。
そりゃあよっぽど物好きなお魚さんじゃあない限り、
近づいてはくれません。

でも、そこに多少なりとも雨が降り、
海面にざわざわ感が生じると、
びびりぃの子が、一気に気がデカくなる。
一人じゃなにも出来ないのに、仲間と集まると、
弾けちゃう中坊のように。
そんな弾けきった輩が、
まんまと釣れるってわけなんですな。

雨で濡れるのはイヤだけど、こんな風に
雨による特典はあったりするものなのであります。

今日の雨は、午後から小雨だったので、
特典に関してはややビミョー。

非常にキビシイ状況であった本日でございました。

でも、その中でもしっかり釣ってこられた方がいらしたので、
お話を伺いました。



今日の写真をいただいたので、ご覧下さい。

まずポイントを選ぶにあたって、
絶対に波がうちつけている場所があるから、
その場所を見つけるのが最初の仕事。
IMG_1538.jpg

その場所を見つけ出したら、波がうちつけているのに、
波立たない場所があるかチェック。
IMG_1540.jpg

IMG_1539.jpg

沖へはき出す離岸流があるかどうか見極め、
それが見つけられたら、そこに腰を据えるのだとか。
はきだしている離岸流は、この写真ではわかり難いけど、
現場で見れば、確認できるとのこと。

そこにコマセを撒き(今回はスイカでしたが)
ようやく仕掛を投入。

基本0号ウキで微妙に沈む状況がベスト。
その時の波っ気にもよりますが、
今回は、今日のような波のない状況を想定してのお話ね。

夏ということで塩分濃度が高く、密度が大きくなるため、
0号ウキでぷかぷか浮く状態。
なので、G5のガン玉を少しずつ打ち、
微調整し微妙に沈む状況を作りあげるのがポイントとのこと。

浅場だったので、ハリスは一ヒロ以下。
今回は、鈎元から50cmの場所にもG5。

ちなみに使ったウキは、キザクラの黒魂でした。

これじゃあないけど、浅場でも使える立ちウキってことで
好評のウキです。

9.9-11.jpg

http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/kurodamadet.html



そして出物です。シーバスルアーが特価となっとります。

9.9-10.jpg

http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/a2757eaa5b5.html


posted by いとつりゆーこ at 01:40| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

今日のファルシオンの動画アップしました

9.12.jpg

ファルシオンの調子を見たいが、行けないので、動画撮ってホームページに上げて!
って方が数名いらしたので、撮ってみました。


どぞ。ご覧下さい↓




音声は、がまかつさんと、お客様とのやり取りも。
ただ、私の独り言も拾ってしまっています。
音消して、音楽でも流そうかと思いましたが。臨場感がなくなるので、
そのままアップしました。

ぶつぶつしゃべっていますが、気にしないでご覧下さい(笑)

取り急ぎ、動画アップのご報告でございました。

追記
言い忘れた!この竿は1.5号53です!上越のチヌなら1号でよろしいかと。



posted by いとつりゆーこ at 12:49| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

今日のファルシオンが来ます!

おはようございまする。
お久しぶりの登場ですみませぬ。
ブログをみたら、最後の更新が7月29日だったじゃあありませんか。
この更新率の低さ、どうにかならんもんですかねぇ・・・。

・・・ならんだな。

鳴かぬなら、鳴かないんじゃね、ホトトギス

的性格ゆえどうもならん。


そうそう、ホトトギス繋がりですが、真田丸にハマってます。
ま、今さら言うのもなんだけどさ。

面白いね〜。
脚本も配役もすばらしい。

特にね、石田三成がカッコよす。

石田三成ってさ、歴史の中では、イヤなヤツっていう捉え方が強いでしょ。
でも、真田丸みてイメージが変わったね。
通説通り、いいイメージは持っていなかった私も、
三成寄りになってしまいました。
ま、山本耕史が演じているからいいんだろうけど。
キリリとしていてカッコイイもんね。
ミーハーだから(笑)

でも、ここにきて、厳しい状況になっておりますな。
三成、考えを改めてよ〜、、、と思いつつ、大河に釘付けの今日この頃。

ま、脚色はあっても、歴史は変わらないわけですから、
どうしようもないのですが。。。

長野も盛り上がっているんだろうね。
私も上田城に行って、顔出しパネルから顔出して、甲冑着た武将になりました。
その写真は見せられねぇな。あまりにアホすぎて(笑)

・・・と、しょっぱなから恒例の脱線。




実は、取り急ぎのお知らせちゃ〜ん。

明日、9月10日(土)の10時に、がまかつの営業さんが、発売前のファルシオンの
お披露目にお越しになります。
ご覧になりたい方は、その時間にご来店いただければ、
新製品のファルシオンを振ることができますよん。

falchon.jpg

スペックはコチラ

噂によると、どうも今までの磯竿のイメージとは違う感覚らしいです。
アテンダー等は、胴に乗せることを際立たせているので、
やや重いのですが、ファルシオンは、新素材の性質からか、まず軽い。
そして使い勝手としては、掛かって粘り、次第に胴に乗る感覚。
魚が突っ込んで、ドカンと手にパワーがくるのではなく、
じわりじわりぐいんぐいん、ってとこかな。

よく分からんけど。

ま、発売前の竿を、振ることはそうそうできないですが、
今回、たまたま土曜日なので、皆様にお知らせした次第でございます。

より詳しい情報を聞くこともできますしね。
ファルシオン以外のこともね。
時々、いとつりの動画に出ていただいている、
渡辺 裕太似の営業さんです。

よろしかったら、お越し下さいませ。

お待ちしているでござる。


posted by いとつりゆーこ at 12:37| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

今日の直江津港第三防波堤で使える便利グッズ

前回の記事に続き、直江津港第三東防波堤について、もう一つの情報を。

ご存知の通り、駐車場が出来たとは言え、駐車場から受付、受付から釣り場と、
歩く距離があるのも事実。
さらにその途中には、階段が何箇所かあるので、
出来るだけ荷物を少なくしたほうがよろしいかと。

daisan.jpg

ですが、この暑い中、クーラーがなければ、
せっかく釣った新鮮な魚が傷んでしまいます。
ウキフカセのクロダイ師は、コマセがあるので、
それだけでも結構な荷物。

階段の脇には、キャリーカートを転がしながら上がれるスペースがありますが、
急なので、ちょい大変。

だったら、階段を上がっていくカートはいかがかしら。
px916m-1.jpg

詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4548992209750.html

こんな感じで、引っ張るだけで、腰巾着のごとく、
後ろからついてきて、階段を上ってくれる優れもの。
太軸軽量アルミ素材使用で、超軽。

px916m-9.gif

足場の悪い場所では背負子としても使用できるので、
悪路も心配なし。

第三防波堤だけではなく、旅行でも、活躍してくれる優れものです。

最初から背負っていくのなら背負子もおすすめです。
bb905-1.jpg
詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4582217189151.html

荷物の中で、クーラーが、一番重いわけで、
でも、この暑さなので、クーラーがないと、
魚が傷んでしまう。

軽い簡易クーラーを釣り場に持ち込み、
釣れた魚は、とりあえずこの中へ。
feature3.jpg
詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4979305083802.html

帰るときに、車の中においてある、
ちゃんとしたクーラーへインすれば、
鮮度は保てるというもの。


イスになるタイプもありますよん。
hexa2.jpg

詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4514083208841.html

それから、ライフジャケットは、必ず着用しなければならないのは、
ご存知のことと思います。

貸し出しもありますが、着るものなので、
自分用のものを準備したい方に、超お手ごろ価格のライフジャケットあり。
bf50063-6.jpg
詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/bf50063.html

1980円なので、6回以上入場されれば元は取れるかな。

また、暑くて、着るのはツラいって方には、
自動膨張タイプのものをオススメします。

ウエストタイプなら、涼しくて、動きやすい!
8,980円で、お手ごろ!

itoturi_4580320261498.jpg

詳細↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4580320261498.html

万が一、海に落ちたら、水に反応して
膨らむ仕様です。
身軽に釣りを楽しみたい方に。




子供ちゃん用は、めっちゃカワイイのをご用意しております。
第3防波堤のホームページは、本当にレスポンスが早く、
釣れた写真が速攻掲載されます。
釣り人の写真も撮ってもらえるので、
写真栄えすること間違いなしです。
かわいさを引き立ててくれ、
命を守ってくれる一石二鳥のライフジャケットです。

pink.jpg

903320.jpg

903321.jpg

903327.jpg

http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/bbd2b6a1cd.html


直江津港第三防波堤に入るにあたり、
使える、便利グッズのご紹介でございました。

posted by いとつりゆーこ at 17:50| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

今日の直江津港第三東防波堤攻略法

さてさて。
直江津港第三東防波堤の開放がスタートして2週間。
お客様の話や、釣果から、ベールに包まれていた、
形状や、攻略法が、なんとな〜く見えてきました。
guide_map.png

直江津港第三防波堤のHP↓
http://happyfishing-n.jp/


とりあえず、この2週間で分かったこと、
言えること報告させていただきます。

ま、全般的に、ってことでざっくり攻略法なので、
「言った通りやったのに釣れなかったじゃん」
などどツッこまないように。

まず、知っておいていただきたいのは、
堤防の即下から数メートルは、
捨て石が入っていて根掛かりするってこと。
底をとるのなら、遠くに投げないと、
仕掛けを無駄にしてしまうので注意が必要です。

入って西側は、ウキフカセ、ダンゴ釣りなど、
クロダイを狙っている方が多いです。
外海に面した東側は、ルアー、遠投カゴ釣り。

でも、必ずしもそうではない場合もありますけど。


釣果としては、この時期なかなか釣れない
中アジから大アジが釣れています。
遊漁船では、釣れているサイズなので、
深さがあるところでは回遊していて、
船レベルの釣果が期待できるってこと。

攻略法はタナかな。深さは15mほどあり、
食ってくるタナは13m前後。
タナをしっかり合わせさえすれば、釣れるみたいですよ。

ただ、入れ食いになるのは、朝イチの場合が多いかな〜。
4時半に開門されてせいぜい8時頃まで。
日中も釣れるけど、ポツポツの場合が多いようです。
確かに、遊漁船のアジ五目は、夜釣りがメインだからね。

でも、クロダイ釣り師の方は、サビキの仕掛けの方より、
日中でもアジが釣れるんですよ。

まず、何が違うかと言うと、釣り方。
フカセ仕様なので、潮があるときは特に、
コマセと仕掛けが同調し、コマセの帯の中に
付けエサが常にある状態。
要するに魚が集まる状況を作っておいて、
そのコマセベールの中に付けエサがあるのです。

仕掛けがここにあっても、コマセが流れてしまえば、
そっちに魚が集まる状態ができてしまいます。
仕掛けの周りにはコマセの煙幕を確保するのなら、同調を意識するべし。
シビアなクロダイ仕様を使わなくても別の釣り方でも大丈夫。
一番楽なのは、天秤を使った形。
簡単に同調の状態を作ることができます。

そしてコマセの内容。
クロダイ師はオキアミに配合エサを混ぜています。
この配合エサというのは、めちゃめちゃ集魚力が高いのです。
ただでさえ集魚力のあるオキアミに、
さらに強力集魚効果のある配合エサを混ぜているのですから、
魚が寄らないわけがないのです。

話は脱線しますが、(すでに脱線しているが)
今年、関川の河口で、めちゃめちゃクロダイが釣れましたよね。
今も釣れていますが。
クロダイだけでなく、鯉もハンパなく釣れました。

船の沖メバル釣りは、昔からホタルイカをエサに使い、コマセをしません。
でも、オキアミコマセを使うと、
今まで以上に釣れるようになったという話を聞きます。
(邪道だという方もいらっしゃいますが)

そう、このように、どんな魚もオキアミが大好き。
さらに添加される配合エサで、
食わずにはいられない状況になってしまうのです。

配合エサってなんなの?と疑問に思う方も多いでしょう。
マルキューとダイワの配合エサについて、ご説明しましょう。

まず、マルキューの配合には(全部ではないが)
魚の好む内容のもの(例えばムギだったりカキ殻だったり)のほかに
MP酵母やウルトラバイト仕様のものが存在します。
MP酵母とは、うまみのもとである
アミノ酸の結合体「ペプタイド」と呼ばれるもので、
これにより、集魚力の効果が高まります。

そしてもう一つ、ウルトラバイトとは、
養殖の効率化を図るために作られた
誘引剤を魚釣りに応用したもので、
魚の体内から抽出した、魚類フェロモン。

養殖するにあたって、エサをしこたま食べてくれなければ
成長が遅くなるわけで、ロスも増える。
エサをじゃんじゃん食べてもらうために、
活性が上がるよう魚類フェロモンから作られた
ウルトラバイトを使って誘引を図っているのです。
これを釣りに応用し、魚の本能に直接働きかけることで、
魚を誘引し、摂餌行動を促進させます。
エサにスレないってのも、ウルトラバイトの特徴。

ダイワの配合エサの代名詞にもなっていると言っても過言ではない
アミノX。
その名の通り、やはりアミノ酸が使われています。
アミノ酸個々の状態、つまり分離した単体の成分だけでは
効果が十分に発揮されないのですが、
いくつもの有効なアミノ酸が配合されると、
誘引効果・摂餌促進効果がより一層高まります。

グルタミン酸、アスパラギン酸など
有効なアミノ酸を混ぜて作られているのがアミノX。
そしてこれを使うことによって、
深いタナにいた魚も浮かせてしまうことができるので、
手返しも早く、釣りやすい状況にすることもできるのでありんす。
ダイワの配合エサのHPに動画があるのでそれを見たほうが早いかな。
動画は↓
http://www.daiwaweb.com/jp/fishing/item/esa/iso_ea/aminoXgure_ento/index.html



ってな具合で、魚を寄せる力がハンパない、
ゆえに、対象としている上物だけでなく、
回遊魚や根魚、果ては淡水魚まで、
浮かせて寄せる力があるので、
クロ釣り師は、いろいろな魚がかかるのですな。

激しく遠回りしてしまいましたが、ここで言いたいことは、
日中でも、しっかりアジを釣ることを考えたら、
使える選択肢なのではないかな、ってことでございます。

店頭でおたずねいただければ、
エサを含め、同調仕様の小物をご案内させていただきます。
お気軽にどうぞ。


それから、びっくりするくらい釣れているキジハタ。
ワームでの情報がほとんどかと思います。

メーカーからは、キジハタに効くワームがたくさん出ています。
それをジグヘッドや、テキサスリグで狙います。
kijihata1.jpg

texas3.jpg

アクションの動画↓
https://www.youtube.com/watch?v=t50Wn89j6y4

前述したように、根掛かり前提での釣りになります。
もともと、根にいるおさかなさんなので、
根掛かりを怖がっていては釣れないのですよ。
ロスト覚悟でチャレンジしてみてください。

こんなに釣れるのだったら、ちょいと試してみようかな、
と興味を持たれている方も多いはず。

いとう釣具店では、ロッド、リール(ライン リーダー付)
ジグヘッド、ワーム、が一式揃ったセットをご用意いたしました。
5,980円とお買い得!
もちろん第三防波堤でなくても使えるのでご安心を。

itoturi_kijihataset.jpg
詳細は↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/kijihataset.html


また、小アジ、カタクチイワシなどのベイトが多いので、
泳がせで釣れるかもしれませんね。



クロダイ釣りは、深さがあるので、底をとる、
とか、這わせる釣り方は大変かもしれません。

混み合っていなければ、全誘導仕掛けが、
有効なポイントではないでしょうか。

っていうか、ここでは、ぜひ試していただきたいのです。
深さがあるからこそ、思う存分この釣り方を
堪能できるじゃあないですか。

クロダイだけでなく、マダイを視野に入れての釣り方。
楽しいと思いますよ。

ウキは、ツインタイプを選ぶと、楽かもしれませんね。


ダンゴの方は、真下に落とすと根掛かりするので、
めっちゃ投げるようです。
釣果は実証済み。


何年か前から、当店では遠投カゴ仕掛けをお取り扱いしております。
この釣り方は、静岡発祥で、静岡では一般的な釣り方です。

itoturi_pialek12.jpg


でも、上越での知名度は低く、もっぱらネットショップ商材の
立ち位置的商品です。

でも、この堤防なら、船レベルで、
マダイ、青物が確実に狙える圏内となります。

サビキの話の中で書かせていただいた、同調を、
100m以上先で展開できるのです。

kagotsuri.gif

釣れる確率は一気に上がるでしょうね。

ちょっと試してみたい、って方のために、
カゴ釣り入門セットを作りました。
itoturi_4941826110190.jpg
詳細は↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/4941826110190.html


4号から5号の遠投磯竿をお持ちでしたら、
カゴやウキを揃えれば、即試すことができます。

種類がありますので、お気軽にお尋ねくださいませ。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/itoturi/a5aba5b4c4.html

そろそろ終わりにしたいのですが、
その前にもう一つご提案。

ハッピーフィッシングの釣果写真の中で、
アカイカの写真がありました。

まさに旬のこの時期、
狙わない手はないのではないかと思いまして。

実際、能生では陸っぱりから
アカイカを狙う釣り師がいらっしゃいます。
本来ならば、夜釣りが、確実なのですが、
ここは7時で閉門となるので、明るい時間でしか
狙うことはできません。

絶対に、とは言えませんが、
回遊があり得るポイントだと思います。

エギでもいけると思いますが、
エサ巻スッテでのウキ釣りもよろしいかと。
エサは魚の切り身でも、鳥のささみでも
豚のバラ肉でもOK。

itoturi_4940764218418.jpg

そういやあ、昨日来られたお客様は、
イノシシの肉使うって言ってたな。

「贅沢〜!!」

って言ったら、イノシシのもも肉って、
硬くて食えたもんじゃあないんですと。


ウケるわ。イノシシのもも肉。



ではまた何か分かりましたらご報告させていただきまする。

いっぱい釣ってね!

posted by いとつりゆーこ at 16:40| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。